TaNA LABO

MY JOB

I'm a Software Engineer

歴史 (6件)
リベラルアーツ

ハンナ・アーレントから考える悪の本質と全体主義が生まれたプロセス

November 10, 2019

どうやら今の時代は全体主義傾向が拡大した時代と重なるらしく、ハンナ・アーレントの本が読み返されたり、映画がブームになったり、そんな中でアーレントの 全体主義の起源 と エルサレムのアイヒマン は、全体主義や悪の本質を考える上で重要な著書。

リベラルアーツ

資本主義・ナショナリズム・宗教で動く世界史をアナロジカルに考察

March 17, 2019

ビジネスパーソンに大切な基礎教養の一つである世界史。ヒト・モノ・カネが国境を超え、めまぐるしく移動する現代。過去のアナロジー(類比)によって、現代を考察する思考力が備わっていれば、未知の出来事に遭遇しても冷静に分析が可能らしい。そんなアナロジカル思考の訓練に役立つのが著者・佐藤優氏の「世界史の極意」で「いま」を読み解くため、過去の歴史を振り返るだけでなく、各章を考察する上で役立つ本が幾つか紹介されている。

リベラルアーツ

現代人が崇拝するお金とは何か!? お金の流れで理解する世界史の流れ

March 02, 2019

元国税調査官である著者が歴史をお金の観点から、世界史上様々な国の栄枯盛衰を振り返る一冊。本当に歴史を動かしているのは、政治や戦争ではなくてお金・経済だから。お金の観点で歴史を見直すと、現代でも大きな影響力を持っているあの民族が思い浮かぶが、とにかく受験勉強中の学生にも、歴史を忘れ気味の大人にもオススメの一冊!!

リベラルアーツ

銃・病原菌・鉄の歴史から見る現代社会の歪んだ世界構造の理由とは!?

February 22, 2019

13000年に渡る人類史の謎に迫る著者ジャレド・ダイアモンドの「銃・病原菌・鉄」。著者が25年間、フィールドワークを通じて試行錯誤した考察が上下二巻にまとめられている。現代世界では、ユーラシア大陸系の民族が世界の富・権力を支配(特にヨーロッパ人がアメリカ・オーストラリア・アフリカ大陸の51%を征服)した世界構造だが、その理由は未だに明らかになっておらず。

リベラルアーツ

古事記に暗号化された宇宙創造と日本の歴史を紐解く正統竹内文書

January 13, 2019

古事記にはどのような暗号が隠されていたのか!? 第73世武内宿禰として有名な竹内睦泰氏が書かれた「古事記と宇宙」。第74世が決まっていない今、門外不出と言われる帝王日嗣の一部を話せる範囲で語られている。

リベラルアーツ

日本人のルーツとは何か!? 古事記+日本書紀が分かるオススメ書籍3選

December 21, 2018

神話には民族のアイデンティティを確認させる力があるが、教育現場で神話に触れる機会はほぼ皆無。ちなみに諸外国では自国の歴史・神話を知ることが当たり前で、それらを知ることで自国に誇りを持っており、自国の歴史・神話を語れない人間は恥知らずのレッテルを貼られるとか。

©Copyright2020 TaNA LABO. All Rights Reserved.