ビジネス

July 10, 2020

UX
デザインリサーチ

レミパンプラスの事例で考える顧客志向UXを実現させるデザインリサーチ

design research 1

最近仕事でよく耳にする UX(ユーザーエクスペリエンス) というバズワード。

UXを直訳すると「ユーザーの体験」になるが、いまいちよく分かっていなかった。

こちらの本を読んでみると、商品やサービスを通じて、今までとは違った体験ができたり、問題を解決して好ましい感情をもたらすなど 利用者や社会をポジティブにする体験 といった感じだろうか。


上に紹介した本では、色んな専門家が様々な視点でUXを語っているが、私が一番理解しやすかったのは、デザインリサーチ を活用した平野レミ考案のレミパンプラスの話だった。

デザインリサーチにも色々な手法があるらしく、どの手法にも共通することは、人の行動だけを観察するのではなく、むしろ人を取り巻く環境の文脈的状況と、相互関係を分析すること だとされている。

たとえば平日夜の就寝時間は、完全な自由意思ではない。

朝から重要な客先MTGがあれば、遅刻して迷惑をかけないよう夜更かしは避けるし、夏の電車移動では、厳しい日差しと熱風にさらされるJRの地上駅を避け、移動時間が少し多くなっでも、冷房が効いている地下鉄の利用も選択肢としては十分にあり得る。

人間の行動と心理の多くは、コンテクストにかなり依存しているため、不合理な行動を無意識にやってしまうことは多く、本人が言語化できないことは意外と多いらしい。

話はかわるが、もしフライパンを新規に開発する場合、どんな商品なら売れると考えるだろうか!?

小型で軽量で、収納場所をとらないとか?

もちろん機能性も重要だが、人間は慣れの動物なので、少し使いづらくても慣れてしまう。

まずレミパンプラスの開発チームは、調理現場で一般人とプロの調理人の行動を観察調査した。

そこで分かったことは、一般人もプロの調理人も、複数の作業を同時並行(多分みんな毎日忙しいからだと思う)で進めており、菜箸やトング、計量スプーンの置き場に困る人が多かったそうだ。

火で熱した鍋に一時置きしてしまうと、取手のプラ部分が焼け焦げるし、シンクに置くのは衛生的に気になる。そのため都度洗って拭き取る人が多く、無意識のうちに無駄な行動が多いことが分かった。

フライパンに焦点を当てず、一連の調理行動におけるフライパンの使われ方を俯瞰した視点 として、お玉、ヘラ、菜箸などのキッチンツールと、フライパンをどうデザインすれば課題を解決できるか?

この課題を真剣に考えた結果、フライパンの取手部分のマグネットを入れ、トングやお玉を置けるようにしていた。いずれ競合他社に真似はされるが、この事例でUXの本質を垣間見た気がした。

またユーザーは ニーズを語るプロ ではなく、自身のニーズを明確に表現できる割合は5%程度に過ぎない話は印象深かった。デザインリサーチでわかる無意識の行為にこそ、語られることのない95%の潜在的なニーズがあり、顧客の期待価値が隠れている。


©Copyright2020 TaNA LABO. All Rights Reserved.