BtoB向けのMAツール開発

BtoB向けのMAツール開発にて、プロジェクト管理やチームビルディングに従事.

プロジェクトの基本情報

[ フェーズ ] 要件定義 〜 保守運用

[ 開発規模 ] 30人

[ 期間 ] 2019.11 - now

プロジェクトの利用技術

Ruby2.4Rails5.1HTML5CSS3MySQL5.7AuroraCloudFrontSQSS3API GatewayRedshiftElastic BeanstalkDocker

プロジェクトの課題

クライアント企業は積極的なシステム投資を行い、DXの推進を試みていたが、開発リソースやノウハウに乏しく、次のような課題を抱えていた。


1. 開発リソースが限られているため、経営層の要望に応えられていない。

2. システム開発のノウハウがないため、業務フローが曖昧で無駄が多い。

3. 将来的にはクライアント企業で内製化を考えているが、進んでいない。

4. モノリスなアプリケーションで、仕様の理解者が極少数しかいない。

5. 開発は全て外部ベンダー任せのため、品質チェックが甘く、バグが多い。

6. 運用ではインフラに精通した者がおらず、障害対応に不安を抱えていた。

現場での職務内容

■ DX推進を後押しする体制づくり

組織改善から上流工程、開発、運用面で、クライアントのDX推進に尽力するため、事業部長との体制構築の提案と新規メンバーフォローに注力した。


■ 要望に応えられる開発チームを構築

日々挙げられる要望にスピード感をもって対応するため、機能改善チームを立ち上げ、要件定義とディレクション、開発チームの構築に注力。 また将来クライアント先の担当者に引継ぐため、業務フローやルールを策定。


■ CS向上と業務負荷を減らす施策

外部ベンダーと協業し、CSマネージメントシステムを導入することで、リードの行動履歴を可視化した。 またクライアントの業務負荷を削減するため、API連携やZapierによる自動連携など提案と実現に尽力した。

©Copyright2020 TaNA LABO. All Rights Reserved.