All

ビジネス

システム開発

リベラルアーツ

システム開発

パフォーマンス改善で知っておいた方が良いフロントエンド知識の備忘録

February 28, 2021

昨今は良質な参考書や無料で学べる教材が増え、初歩的な理解に必要な学習コストは随分下がった。そのため単に機能要件を満たすだけの実装であれば、チュートリアル程度の浅い理解で対応可能だが、非機能要件まで考慮しだすと、技術のコア部分に関連する知識が求められる。

ビジネス

先が読めないプロジェクトでアジャイル開発のスクラム導入を検討した話

January 31, 2021

以前参画したプロジェクトで、アジャイル開発のスクラム導入を検討した時のメモ書き。結論から言えば、私の在籍期間中にスクラム開発を導入できなかった。今後、同じ轍は踏まないように自分を戒める意味でも、当時考えていたことを書き残しておく。

ビジネス

マネージャーの成果物とは何か!? プロジェクトリーダー業務で考えたこと

November 20, 2020

30代を境に私のポジションは大きく変わった。システム開発の現場では、自身でコードを書く機会が減り、顧客折衝やチームマネジメントの割合が増えたのだが、マネジメント業務を深く考える時間は殆ど無かった気がしている。マネジメントって何をやるのか!? マネージャーのアウトプットとは何だろうか!?

システム開発

WEBシステムの品質を保つために最低限やるべきソフトウェアテストとは

September 15, 2020

システムの品質を担保するためには、どの観点でどこまでテストすればよいのか!?過度にカバレッジを追い求めても、コストに見合った成果が得られないし、セキュリティやパフォーマンスのような非機能要件は終わりがない。コレだけやれば大丈夫!と言える明確な目安はないが、私は開発者として品質を保つため、次の観点に気を配ってきた。

ビジネス

読み手に分かりやすい文章を書くコツ 脳に負担をかけない文章の書き方

August 26, 2020

新人教育や若手フォローの一環として、ドキュメントやメールの書き方をレクチャーすることがある。しかしブログを読み返しても、読みづらい文章や誤字脱字が多く、自分が読み手に対して、分かりやすい文章を書けているかと聞かれても、自信をもって「はい!」と返事はできない。読み手に負担をかけさせず、読みやすい文章を書くため、一体どうすればよいのか!?

ビジネス

UXを実現させるWebサイトの振る舞いと顧客に寄り添ったUIのサンプル例

July 11, 2020

Webデザインで語られるUI/UX。私も専門ではないが、次の書籍では色んな企業サイトを例に、Webサイトの振る舞いが説明されており、今まで思いつきでやっていたUIを見直すキッカケになった。

ビジネス

レミパンプラスの事例で考える顧客志向UXを実現させるデザインリサーチ

July 10, 2020

最近仕事でよく耳にする UX(ユーザーエクスペリエンス) というバズワード。 UX…

ビジネス

Webマーケティングで大切なUSPは実績を時系列順に淡々と書くのはNG

July 03, 2020

一般的な中小企業には、MAツールを使いこなせる人材が少なく、マーケティングを自動化するシナリオの設計ノウハウが無い。そのためツールを導入しても成果を挙げられず、辞めてしまう企業が多い。

ビジネス

One to One マーケティング を実現する MAツールの活用事例について

July 02, 2020

2010年頃から大手IT企業の多くがMAベンダーを買収して以降、国内のMA市場規模も拡大トレンドらしいが、私が業界著名人の書籍を読んだり、また現場の方(MAベンダー)にお話を伺ってみると、MAを導入しても上手く活用している企業は、極少数に限られると感じた。

システム開発

今更だけどDockerコンテナ技術の理解が曖昧だったのでコンテナ再入門

April 26, 2020

昨今のシステム開発では欠かせないコンテナ技術だが、今まで人が作ったDockerfileを流用したりで、正確に理解出来ていなかった。このままでも良いかなと思っていた矢先、バージョアップで急に動かなくなり、結構ムダな時間を要してしまうこともしばしば。

システム開発

ドメイン駆動設計入門は新人時代にDDD挫折した私にも分かりやすかった

April 17, 2020

先輩エンジニアからエリック・エヴァンスのDDD本を薦められた新人時代だが、当時は今よりも技術力が未熟な上、内容も難解だったので、数ページ見開いただけで挫折してしまった。それから長い間DDDに触れる機会は無く現在に。しかも読んだ人に話を聞いても、よく分からなかったと言う人ばかりだった。

ビジネス

MAツールにおけるトラッキングの仕組みと個人とCookieを紐付ける方法

April 05, 2020

BtoBマーケティングの目的である商談の創出では、まず展示会等で集めた名刺情報をMAツールでデジタル化。その後にお礼メールやフォーム登録で個人とCookieを紐づけてトラッキング、ナーチャリング活動後に営業に引き渡し、SFAやCRMで案件管理するのが一般的な流れとなる。

All

ビジネス

システム開発

リベラルアーツ

©Copyright2020 TaNA LABO. All Rights Reserved.